関節リウマチの診断基準

rheumatism2

関節リウマチかどうかの診断を確定する最初のステップか、診断基準になります。

これは、1987年に改吋されたアメリカリウマチ学会の診断基準に基づいています。

チェック項目は全部で7つあり、そのうちの4項目にあてはまると関節リウマチと診断されます。

7つの項目中2,3,4にある「腫脹」とは腫れのことで、6の「皮下結節」とは、リウマチ結節ともいって、ひじやひざ、指などの骨が出ている部分の皮膚の下にできるしこりです。

大きさは1~3cmぐらいで、押しても痛くありません。

5の「手におけるX線変化」とは、手のX線写真を撮ったときに関節の状態がどうなっているかを調べるものです。

手首や手指のつけ很の関節(MCP関節)、第2関節(PIP関節)などはもっともリウマチの症状がおこりやすく、また炎症があるかどうかがわかりやすい部分なので、そこを指標とします。

rheumatism3
関節リウマチの診断基準

1.朝のこわばり、少なくとも1時間(6週間以上)ある

2.3うないしそれ以上の関節腫脹が(6週間以上)ある

3.手関節、MCP関節(中手指刀間関節)またはPIP関節(近位指節間関節)の瞳脹が(6週間以上)ある

4.対称性の関節腫脹が(6週間以上)ある

5.手におけるX線変化

6.皮下結節(リウマチ結節)がある

7.リウマトイド因子が認められる

リウマチになったらなるべく早く受診、リウマチの治療

rheumatism


関節か痛い、腫れている………そう思ったらなるべく早く専門医を受診し、関節リウマチかとうかを診断してもらうこと、そして、できるだけ早期に適切な治療を開始することか大切です。

なぜなら、関節リウマチは、膠原病のなかでもっとも研究が進んでいる病気のひとつで、新しい治療薬も次々と開発されており、とくに最近では、早期から抗リウマチ薬を使った治療が関節破壊を防ぎ、寛解に結びつきやすいことがわかったためです。

これまで以上に、「早期発見・早期治療」の大切さが指摘されるようになったことには、次のような背景もかかわっています。

アメリカのガイドラインでは明確なリウマチ治療開始時期か定められています

関節リウマチ治療の先進国、アメリカのリウマチ学会では、2002年に新ガイドライン(治療方針)を打ち出しています。

そのなかには「関節リウマチの診断を早くすること」「抗リウマチ薬を用いた治療を早くから開始すること」か盛り込まれています。

具体的に「診断がついてから3ヵ月以内」という明確な期間も指定されています。
ギャラリー
  • アンチノビンでリウマチが和らぐ
  • リウマチの症状
  • リウマチの原因
  • 関節リウマチで行われる検査
  • 関節リウマチの診断基準
  • 関節リウマチの診断基準
  • リウマチになったらなるべく早く受診、リウマチの治療