膠原病

リウマチの原因

rheumatism5

厚生労働省の「リウマチアレルギー対策委員会」によると、関節リウマチの患者さんは全国では約70万人といわれており、これは日本人全体の0.55%にあたります。

また患者さんの数は年々、増えていることもわかっています。

関節リウマチというと、高齢者の病気と思いがちですが、実はそうではなく、発症のピークは40~50代。とくに女性に多くみられます。

この年代の女性は仕事だけでなく、家事や育児に、あるいは親の介護にかかわることか多く、この時期に発症することは、家族だけではなく、社会的にも大きな損失であるといえます。

関節リウマチの原因は免疫の異常です

長い間、関節リウマチは原因不明の病気とされてきました。

患者数も多いリウマチ先進国の欧米をはじめ、世界的にリウマチ性疾患についての研究が熱心におこなわれた結果、近代になって、病気の基礎に免疫の異常がかかわっていることがしだいに明らかになってきました。

現在も、関節リウマチの原因やメカニズムがすべて解明されているわけではありませんが、免疫や遺伝などが炎心や関節破壊のメカニズムにかかわっていることがわかってきており、治療薬の開発に役たてられています。

今では関節リウマチは膠原病などの自己免疫疾患のひとつとしてとらえられています。

自己免疫疾患とは通常は体の外から侵人するウイルスなどの外敵(抗原)に対して攻撃するはずの免疫にかかわる細胞か、自分の組織を敵とみなして攻撃をしかけてしまうことで炎症がおこる病気です。

関節リウマチの場合、免疫システムのターゲットとなっているのは、自分自身の関節(滑膜)です。

なんらかのきっかけで、活性化したリンパ球など免疫系の細胞が滑膜組織に集まってくると、リンパ球はリウマノイド因子(抗IgG抗体)を分泌し、リウマトイド因子は滑膜から関節液中に漏れ出てきます。

そのリウマトイド因子は自分のIgG分子とくっついて免疫複合体となります。

この免疫複合体が補体というたんぱく質を巻き込みながらさまざまな組織障害を引きおこします。

また、免疫細胞のひとつであるマクロファージか活性化して、インターロイキン6やTNF-αなどさまざまなサイトカイン(免疫などに閥係する生理活性物質)がつくられ、それらがリンパ球など別の免疫細胞の受容体にくっついて、免疫細胞が活性化し、増殖し続けることで炎症をおこし、軟骨や骨などの組織を壊していきます。

その結果、関節破壊かおこったり変形かおこったりするのです。

リウマチの発症の原因が徐々に明らかになってきました

なんらかのきっかけで、免疫細胞か暴走して自己組織を攻撃する、といいましたが、そのきっかけがなんであるのか、どうして関節リウマチになるのか、発症の引き金はあまりよくわかっていませんでした。

今でもはっきりしたことはわかっていません。

しかし、最近では。その人にもともと備わっている「遺伝的要因」に、その人かおかれている「環境的要因(環境因子)」が加わって発症するという考えが主流となっています。

遺伝的要因

最新の遺伝子研究によると、発症する人の60%は遺伝子が原因とわかっています。

ただし、親子間で必ず引き継がれ、発症するわけではないので遺伝病とはいえません。

強いていえば、体貿のようなもの、と考えてもいいと思います。

環境的要因

環境的要因(環境因子)として挙げられるのは、紫外線、化学物質(塩化ビニール、有機溶媒=いろいろな物質を溶かし込む物質。シンナーなど)、食物オイル、脂肪、ビタミンなどです。

ウイルスや細菌の感染、ストレス、妊娠、出産なども環境的要因です。

これらの環境的要因が。正常な遺伝子を傷つけたり、親から受け継いだ関節リウマチにかかわる因子を目覚めされる引き金となっていたりする可能性があります。

リウマチになったらなるべく早く受診、リウマチの治療

rheumatism


関節か痛い、腫れている………そう思ったらなるべく早く専門医を受診し、関節リウマチかとうかを診断してもらうこと、そして、できるだけ早期に適切な治療を開始することか大切です。

なぜなら、関節リウマチは、膠原病のなかでもっとも研究が進んでいる病気のひとつで、新しい治療薬も次々と開発されており、とくに最近では、早期から抗リウマチ薬を使った治療が関節破壊を防ぎ、寛解に結びつきやすいことがわかったためです。

これまで以上に、「早期発見・早期治療」の大切さが指摘されるようになったことには、次のような背景もかかわっています。

アメリカのガイドラインでは明確なリウマチ治療開始時期か定められています

関節リウマチ治療の先進国、アメリカのリウマチ学会では、2002年に新ガイドライン(治療方針)を打ち出しています。

そのなかには「関節リウマチの診断を早くすること」「抗リウマチ薬を用いた治療を早くから開始すること」か盛り込まれています。

具体的に「診断がついてから3ヵ月以内」という明確な期間も指定されています。
ギャラリー
  • アンチノビンでリウマチが和らぐ
  • リウマチの症状
  • リウマチの原因
  • 関節リウマチで行われる検査
  • 関節リウマチの診断基準
  • 関節リウマチの診断基準
  • リウマチになったらなるべく早く受診、リウマチの治療